ホットヨガの特徴

ホットヨガとは、部屋の温度を39前後、湿度を60%前後にして行うヨガです。通常のヨガよりも高い温度と湿度の中で行う点が異なります。ヨガはさまざまなポーズをとって、体の柔軟性を高め、血行を良くすることを目的としています。特徴であるその温度と湿度の中で行うホットヨガは、体をもっとも柔軟にできると言われています。特に体の硬い人は、ポーズによっては、伸ばしにくいと感じている人もいるでしょう。しかし、お風呂上がりなどは、体を伸ばしやすいこともあるといえます。ホットヨガも、それと同じです。

お水高温多湿の中にいることで筋肉を柔軟にしやすく、体も温まりやすいため、ポーズの効果も出やすいという点がメリット。体が温まっていない状態で無理をすると、筋肉を傷めてしまうことも。ホットヨガは無理をすることなく、体を伸ばすことができます。そのため、ケガもしにくいのです。さらに汗もかきやすく、ダイエットにもより高い効果が期待できると言われています。

ホットヨガは常温のヨガで行う、アクティブなポーズは行わないものの、汗をたくさんかきます。そのため、水分補給はこまめにしなければなりません。水分が不足すると脱水症状を起こしてしまう危険性があるので、しっかり水分をとりながら行うことが重要です。